検索

アルツハイマー病

前回に書いたアミロイドで一番有名なのが、アルツハイマー病(AD)です。

ADの原因は、今のところ確定していないのですが、有力な説として、アミロイド・カスケード仮説というものがあります。

アミロイド・カスケード仮説とは?

ADは10年以上の長い緩徐進行性の経過で認知機能の障害や様々な周辺症状を示し、最終的には摂食困難による栄養障害や感染症などの合併症によって致死的経過をとる。これらの症状を臨床的に認める一方で、脳内では発症に先行すること10年ないしは15年前に、老人斑を構成するアミロイドβ蛋白質(Aβ)やタウ蛋白質の脳内蓄積やシナプスの機能・形態異常や神経細胞脱落といった病理的変化が生じている。

ADの病態生理に関しては、アミロイドと呼ばれる重合したAβの沈着が客観的に捉えられる最も早期の脳内病変であること、またAβの前駆物質(AAP)をコードするAAP遺伝子の変異が家族性ADの原因として認められることなどから、アミロイドの蓄積がAD発症の最上流にあって、全てのADの病理学的事象を誘導するとの考え方。

しかし、この説は今とても厳しい状況にあります。多くの製薬会社が、Aβに対する薬の開発競争をしましたが、Aβほ減らすことには成功したが、症状は良くならず、悪化する例もあり、ほとんど撤退してしまいました。タウ蛋白についても良い結果は得られなかった。

そこで、10年ほど前から面白い仮説を掲げている先生がいて、佐賀女子短期大学の名誉教授長谷川亨先生です。

アルツハイマー病の原因物質はホモシステイン酸であるという説です。

ホモシステイン酸はアミノ酸の一種で、活性酸素を作り出す物質です。そしてストレスと密接に関係していて、ACTHが増えるとホモシステイン酸も増えるという相関関係がある。ホモシステイン酸の増加が長期化すると脳神経細胞が変性する。

血中のホモシステイン酸を還元して無毒化することが良いと言っています。

一番、興味を引いたのが、尿中のホモシステイン酸の濃度が高いほど(腎機能が良好である)認知機能が改善しています。血中のホモシステイン酸濃度が高ければ高いほど認知機能が低下していますというところです。

ホモシステイン酸を尿中に排泄できるということです。

この先生は、最初は緑茶の効果からこの仮説に行きついたので、カフェインの利尿効果なのではないかと思います。

腎機能の維持向上に何か寄与できれば、アルツハイマー病の方の助けになれるかも?


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ここまで来た「あの世」の科学ー天外伺朗 前回紹介した「般若心経の科学」とかなりの部分でオーバーラップしている。 ボームの内蔵秩序やユングの集合的無意識の話が出てくるが、それらの原典を読むよりは、かなりかみ砕いて説明しているので、わかりやすくていいと思う。 「この世」のすべての生物、物質、精神、想念などが、たたみ込まれた、目に見えないもうひとつの宇宙の秩序 時間も空間も存在しない世界 全人類を結ぶ「

般若心経の科学ー天外伺朗 この本は、276文字の般若心経の解説書である。 理論物理学者、デビット・ボームの「ホログラフィー宇宙モデル」 心理学者、ユングの「集合的無意識」 「般若心経」 ホログラフィー宇宙モデルでは、目に見える物質的な宇宙を「明在系(explicate order)」、もう一つの目に見えない宇宙を「暗在系(implicate order)」と呼び、暗在系には明在系の全ての物質、精神

「癒す心治る力」、「ナチュラル・メディスン」とアンドリュー・ワイルの本は読んでいるが、なぜかこの本は持っていなかった。もしかしたら、読んだのかもしない(少なくとも本棚には並んでいない)。今回この本をいただいたので読んでみた。 アロパシー医学(現代医学)と代替医学について書かれていてオステオパシーもちょっとだけ出てくる。 「第4章―健康とは全体である」は興味深い。健康(haelth)の語源的意味は「