検索

インフルエンザ

インフルエンザのことをインターネットで検索してみると、最近ではインフルエンザに罹っても病院に行かないという選択もありだとしている医師も結構いるので驚いた。

まあ、病院に行かないとインフルエンザかどうかわからないけど・・・。

結局、悪化する要因のない普段元気な人は、風邪をひいたら、家でゆっくりと寝ていればいいということですね。

前回も書いたけれど、抗インフルエンザ薬を飲んだところで解熱が半日から1日早まるくらいの効果しかないみたいなんで、副作用のことを考えるとね。

副作用というと、最近は、抗インフルエンザ薬で1回の服薬だけでいいというのが出てますけど、それは楽かもしれないけど、薬の効果が長く続くということは、副作用が出た場合も長く続くということで、注意しなければならない。

インフルエンザウイルスに感染しても、症状は様々で、無症状の人から重症化する人までいる。インフルエンザは怖い病気。インフルエンザ=重い症状、ではなく、単なる風邪でも肺炎になって死に至る人だってたくさんいるのだから。

その人にウイルスに打ち勝つ力があるかどうか、ただそれだけですね。

オステオパシーの施術を受けて、健全とともにありましょう!

17回の閲覧

最新記事

すべて表示

Still Point 静止の点

廻る世界の静止の点に。 肉体があるでもなく、ないでもなく、 出発点も方向もなく、その静止の点――そこにこそ舞踏がある、 だが、抑止も運動もない。それは固定とは言えない、そこで 過去と未来が一つに収斂するのだ。出発点もない方向もない運動、 上昇でも下降でもない。その一点が、その静止の点がもしなければ 舞踏など存在しないだろう。だが、現実には舞踏こそ唯一の存在。 そこにわたしたちはいたとは言える

自然現象と心の構造

この本には、ユングとパウリ、二人の文章が1本づつ入っています。 ユングの「Synchronicity共時性」が読みたくて探しているとこんなとこに入ってました。 ちなみに、このSynchronicityはバイオダイナミクスの推薦書です。しかも。訳者はあの有名な河合隼雄です。 しかしこの本は簡単な本ではありませんので、わかりやすく説明しているwebページを見つけましたので、まずはこちらから読んでみても

  • ブラックFacebookのアイコン
  • Black Twitter Icon