検索

ウイルスは人間の敵か味方か


この本は結構読みやすく、ウイルスについて広く書かれていてよい。古いですけどね。

よく問題にされるウイルスは生物か無生物かの問題についても書かれています。

著者は生物だと言っていますが、どっちでもいいんじゃないかなと、私は思います。所詮、生物か無生物かって、そのカテゴリーを作ったのは人間ですからね。自然に人間の作ったカテゴリーはあてはまりません。そう言ってしまうと面白くないか。


ウイルスは、DNAかRNAしか持っていません。いわゆる情報だけの存在で、自分で自分を増やすことができないのです。


もう一つ、興味を引いたのが、ウイルスに対して人間は抗体を作りますが、みんなが抗体を持ってしまうと、ウイルスは増えることができなくなってしまいます。そこでウイルスには戦略があって、インフルエンザなどのRNAウイルスは変異しやすいんです。DNAは2本鎖になっているので、翻訳ミスが起こりにくいのですが、RNAは翻訳ミスが起こりやすい、翻訳ミスはほとんどがただのミスで終わり、増殖できない結果になりますが、山ほどミスをしていると、たまたまウイルスに対して好都合なミスが出てくるわけです。


変異種類には2種類あって、まず一つはドリフト、抗体はウイルス蛋白のアミノ酸の並び方を認識しているのですが、ウイルスがこのアミノ酸の一つを変えてしまう。変えてしまうと言っても偶然ですけどね。


もう一つは、シフトというものです。例えばA型インフルエンザウイルスは8本のRNAを持っています。そして違うタイプのインフルエンザウイルスが豚や水鳥と言った宿主の腸内で出会うと、RNAが混ざり合って、新しい8本の組み合わせを持ったウイルスができることがある。これは大きな変異で、いわゆる新型インフルエンザとかということになります。


今話題のコロナウイルスもRNAウイルスなんですね。当然、なくなることはないでしょう。変異しながら生き残ります。ウイルスに負けない体づくりをしましょう!

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ここまで来た「あの世」の科学ー天外伺朗 前回紹介した「般若心経の科学」とかなりの部分でオーバーラップしている。 ボームの内蔵秩序やユングの集合的無意識の話が出てくるが、それらの原典を読むよりは、かなりかみ砕いて説明しているので、わかりやすくていいと思う。 「この世」のすべての生物、物質、精神、想念などが、たたみ込まれた、目に見えないもうひとつの宇宙の秩序 時間も空間も存在しない世界 全人類を結ぶ「

般若心経の科学ー天外伺朗 この本は、276文字の般若心経の解説書である。 理論物理学者、デビット・ボームの「ホログラフィー宇宙モデル」 心理学者、ユングの「集合的無意識」 「般若心経」 ホログラフィー宇宙モデルでは、目に見える物質的な宇宙を「明在系(explicate order)」、もう一つの目に見えない宇宙を「暗在系(implicate order)」と呼び、暗在系には明在系の全ての物質、精神

「癒す心治る力」、「ナチュラル・メディスン」とアンドリュー・ワイルの本は読んでいるが、なぜかこの本は持っていなかった。もしかしたら、読んだのかもしない(少なくとも本棚には並んでいない)。今回この本をいただいたので読んでみた。 アロパシー医学(現代医学)と代替医学について書かれていてオステオパシーもちょっとだけ出てくる。 「第4章―健康とは全体である」は興味深い。健康(haelth)の語源的意味は「