検索

カオスの自然学


テオドール・シュベンク著「カオスの自然学」の紹介です。この装丁は、古いもので、現在は新装丁になっています。


fluidの性質について書かれた本で、この本では、fluidを流体と訳しています。液体について書かれているところと、気体について書かれているところがあるからです。元々、流体の方がメジャーな意味なんでしょうが、バイオダイナミクス的には、液とか液体と訳されることが多いです。


私として一番興味深いところは、流体の性質が人の臓器を形作るというところです(人に限ったことではありませんが)。このことをたくさんの絵や写真を使って紹介しています(絵や写真がないとまったくわからないでしょう)。


流体の性質が発生に関与するというところを以下に引用します。


流動する水によって生み出される器官が、姿をあらわすのはほんの一瞬で、すぐさま退いて目に見えぬものとなってしまう。生物器官の形態は一見、波動運動から生じて、水のもつさまざまな法則性を明らかにするように見えるが、物質的素材からなる具体的な形態へと変化するまでには、長い時間を要する。器官が形成されるときには、水流の高速度に相当するような急速な流れは見られないし、器官形成が完了する際にも、なんの特徴的な運動もおこらない。水中においては形態が一瞬のうちに出現・消滅するのに対して、生体器官においては徐々に形成され、変質してゆくのである。いうなれば一つの力の領域があって、それが器官を創造し造形しているようなものだ。


つまり、実際に流体の流れがあるというよりも、不可視の波動する力があるということだと思います。

良書です。興味のある方は是非お読みください。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

パーキンソン病ーBraak仮説

パーキンソン病とは、αシヌクレインというタンパク質の蓄積により黒質線条体系に異常が起こり、伝達物質であるドーパミンが不足してしまう病気です。 症状としては振戦、無動、固縮、姿勢反射障害などの運動症状、便秘、起立性低血圧などの自律神経症状、レム期睡眠行動異常、うつ、アパシーなどの精神症状、睡眠障害、幻視、錯視、遂行機能障害などの認知症状といった多彩な症状があります。 異常なαシヌクレインはどこで作ら