検索

カルシウム代謝

腸管からのカルシウム吸収はどう調節されているのか調べたら難しすぎる。

わかったことだけ書いていきます。

今回はカルシトリオールのところだけです。


ビタミンDのお話です。

皮膚にある、7-デヒドロコレステロールが紫外線によりプレビタミンD₃、そしてビタミンD₃へと変換される。

当然,腸管からもビタミンD₃は調達される。

次に、肝臓で25番目のところにOH水酸基が引っ付いて水酸化される。

25-ヒドロキシコレカルシフェロール

それから、腎臓で1番目のところにOHが付いて、1,25-ヒドロキシコレカルシフェロール、これがカルシトリオール。

ステロイドホルモンの仲間で、細胞の受容体に引っ付いて遺伝子発現の変化を引き起こす。

カルシトリオールの作用は、

腸管からのカルシウムイオン吸収の促進。

腎臓でのカルシウムイオン再吸収の促進。

骨に作用して成熟破骨細胞の数を増やすことによって骨吸収促進、

骨からカルシウムイオンとリン酸イオンを遊離させる。

骨芽細胞も刺激する(骨形成促進)が、正味の効果は骨からのカルシウムイオン遊離。

それと、表皮中の7-デヒドロコレステロールは年齢に応じた減少があり、これは老齢に伴うカルシウムバランスの低下と関係している。

肝臓と腎臓がカルシウム代謝に大いに関与してることが重要!

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ここまで来た「あの世」の科学ー天外伺朗 前回紹介した「般若心経の科学」とかなりの部分でオーバーラップしている。 ボームの内蔵秩序やユングの集合的無意識の話が出てくるが、それらの原典を読むよりは、かなりかみ砕いて説明しているので、わかりやすくていいと思う。 「この世」のすべての生物、物質、精神、想念などが、たたみ込まれた、目に見えないもうひとつの宇宙の秩序 時間も空間も存在しない世界 全人類を結ぶ「

般若心経の科学ー天外伺朗 この本は、276文字の般若心経の解説書である。 理論物理学者、デビット・ボームの「ホログラフィー宇宙モデル」 心理学者、ユングの「集合的無意識」 「般若心経」 ホログラフィー宇宙モデルでは、目に見える物質的な宇宙を「明在系(explicate order)」、もう一つの目に見えない宇宙を「暗在系(implicate order)」と呼び、暗在系には明在系の全ての物質、精神

「癒す心治る力」、「ナチュラル・メディスン」とアンドリュー・ワイルの本は読んでいるが、なぜかこの本は持っていなかった。もしかしたら、読んだのかもしない(少なくとも本棚には並んでいない)。今回この本をいただいたので読んでみた。 アロパシー医学(現代医学)と代替医学について書かれていてオステオパシーもちょっとだけ出てくる。 「第4章―健康とは全体である」は興味深い。健康(haelth)の語源的意味は「