検索

カルシウム代謝

腸管からのカルシウム吸収はどう調節されているのか調べたら難しすぎる。

わかったことだけ書いていきます。

今回はカルシトリオールのところだけです。


ビタミンDのお話です。

皮膚にある、7-デヒドロコレステロールが紫外線によりプレビタミンD₃、そしてビタミンD₃へと変換される。

当然,腸管からもビタミンD₃は調達される。

次に、肝臓で25番目のところにOH水酸基が引っ付いて水酸化される。

25-ヒドロキシコレカルシフェロール

それから、腎臓で1番目のところにOHが付いて、1,25-ヒドロキシコレカルシフェロール、これがカルシトリオール。

ステロイドホルモンの仲間で、細胞の受容体に引っ付いて遺伝子発現の変化を引き起こす。

カルシトリオールの作用は、

腸管からのカルシウムイオン吸収の促進。

腎臓でのカルシウムイオン再吸収の促進。

骨に作用して成熟破骨細胞の数を増やすことによって骨吸収促進、

骨からカルシウムイオンとリン酸イオンを遊離させる。

骨芽細胞も刺激する(骨形成促進)が、正味の効果は骨からのカルシウムイオン遊離。

それと、表皮中の7-デヒドロコレステロールは年齢に応じた減少があり、これは老齢に伴うカルシウムバランスの低下と関係している。

肝臓と腎臓がカルシウム代謝に大いに関与してることが重要!

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

Still Point 静止の点

廻る世界の静止の点に。 肉体があるでもなく、ないでもなく、 出発点も方向もなく、その静止の点――そこにこそ舞踏がある、 だが、抑止も運動もない。それは固定とは言えない、そこで 過去と未来が一つに収斂するのだ。出発点もない方向もない運動、 上昇でも下降でもない。その一点が、その静止の点がもしなければ 舞踏など存在しないだろう。だが、現実には舞踏こそ唯一の存在。 そこにわたしたちはいたとは言える

自然現象と心の構造

この本には、ユングとパウリ、二人の文章が1本づつ入っています。 ユングの「Synchronicity共時性」が読みたくて探しているとこんなとこに入ってました。 ちなみに、このSynchronicityはバイオダイナミクスの推薦書です。しかも。訳者はあの有名な河合隼雄です。 しかしこの本は簡単な本ではありませんので、わかりやすく説明しているwebページを見つけましたので、まずはこちらから読んでみても

  • ブラックFacebookのアイコン
  • Black Twitter Icon