検索

タイドについて

An Osteopathic OdysseyのJanuary2より

知識と意図で患者を治療するという考えは、やがて消えた…私の場合、そうなるまでに20年と80000人の治療を要した…先に行動を起こしてタイドを阻止しようとする直観がニュートラルになるまで、さらに10年かかった。

直観ーintuition(直観、直感、直覚、勘)

知識、意図、直観何も使わない。タイドに任せる。このレベルになると、タイドと自分という境界もない、分別のない感じなのかなあ。

前の勉強会で、話し合ったのを一人で考えてみました。

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

パーキンソン病ーBraak仮説

パーキンソン病とは、αシヌクレインというタンパク質の蓄積により黒質線条体系に異常が起こり、伝達物質であるドーパミンが不足してしまう病気です。 症状としては振戦、無動、固縮、姿勢反射障害などの運動症状、便秘、起立性低血圧などの自律神経症状、レム期睡眠行動異常、うつ、アパシーなどの精神症状、睡眠障害、幻視、錯視、遂行機能障害などの認知症状といった多彩な症状があります。 異常なαシヌクレインはどこで作ら