検索

パワー・オブ・ナウ


この本は、何年か前に買って本棚に入れっぱなしになっていたものです。

エックハルト・トールの「THE POWER OF NOW」という本と間違って買ってしまって、読む気がしなくてほったらかしにしていたのですが、なんだか急に読みたくなったので読んでみました。

題名にあるように、過去でも未来でもなく「今・ここ」に生きなさいという本です。


心が静かで安らいでいる時には、雑念が少なく、雲がひとつぽっかり浮いている状態で。雲に覆われていたら雲があると気づきませんが、雲がところどころにあれば雲の存在に気づきます。その空白から「自分の思考が見える」状態になります。思考と思考のギャップは「空」ではなく、そこには気づきの意識があります。カラっぽの箱が空気で満ちているように、思考がカラのところには、意識が詰まっているのです。 宇宙=神=空=意識=今・ここ


すごく平易に書かれていて、読みやすい良書だと思います。


閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ここまで来た「あの世」の科学ー天外伺朗 前回紹介した「般若心経の科学」とかなりの部分でオーバーラップしている。 ボームの内蔵秩序やユングの集合的無意識の話が出てくるが、それらの原典を読むよりは、かなりかみ砕いて説明しているので、わかりやすくていいと思う。 「この世」のすべての生物、物質、精神、想念などが、たたみ込まれた、目に見えないもうひとつの宇宙の秩序 時間も空間も存在しない世界 全人類を結ぶ「

般若心経の科学ー天外伺朗 この本は、276文字の般若心経の解説書である。 理論物理学者、デビット・ボームの「ホログラフィー宇宙モデル」 心理学者、ユングの「集合的無意識」 「般若心経」 ホログラフィー宇宙モデルでは、目に見える物質的な宇宙を「明在系(explicate order)」、もう一つの目に見えない宇宙を「暗在系(implicate order)」と呼び、暗在系には明在系の全ての物質、精神

「癒す心治る力」、「ナチュラル・メディスン」とアンドリュー・ワイルの本は読んでいるが、なぜかこの本は持っていなかった。もしかしたら、読んだのかもしない(少なくとも本棚には並んでいない)。今回この本をいただいたので読んでみた。 アロパシー医学(現代医学)と代替医学について書かれていてオステオパシーもちょっとだけ出てくる。 「第4章―健康とは全体である」は興味深い。健康(haelth)の語源的意味は「