検索

パワー・オブ・ナウ


この本は、何年か前に買って本棚に入れっぱなしになっていたものです。

エックハルト・トールの「THE POWER OF NOW」という本と間違って買ってしまって、読む気がしなくてほったらかしにしていたのですが、なんだか急に読みたくなったので読んでみました。

題名にあるように、過去でも未来でもなく「今・ここ」に生きなさいという本です。


心が静かで安らいでいる時には、雑念が少なく、雲がひとつぽっかり浮いている状態で。雲に覆われていたら雲があると気づきませんが、雲がところどころにあれば雲の存在に気づきます。その空白から「自分の思考が見える」状態になります。思考と思考のギャップは「空」ではなく、そこには気づきの意識があります。カラっぽの箱が空気で満ちているように、思考がカラのところには、意識が詰まっているのです。 宇宙=神=空=意識=今・ここ


すごく平易に書かれていて、読みやすい良書だと思います。


36回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

パーキンソン病ーBraak仮説

パーキンソン病とは、αシヌクレインというタンパク質の蓄積により黒質線条体系に異常が起こり、伝達物質であるドーパミンが不足してしまう病気です。 症状としては振戦、無動、固縮、姿勢反射障害などの運動症状、便秘、起立性低血圧などの自律神経症状、レム期睡眠行動異常、うつ、アパシーなどの精神症状、睡眠障害、幻視、錯視、遂行機能障害などの認知症状といった多彩な症状があります。 異常なαシヌクレインはどこで作ら