検索

メニエール病

典型的なメニエール病の症状

・回転性めまい

・難聴

・耳鳴り

これらが連動して起こります。1回のめまい発作は、30分から6時間程度続きます。

30から50歳に多く、子供は稀です。めまい発作は不定期に繰り返し、精神的ストレスや過労時が発作の誘因となります。

それから原因ですが、内リンパ水腫があることはわかっていますが、なぜそれが起こるのかは、結論が出ていません。

ですから治療薬は、利尿薬、ステロイド剤、血流改善剤というところです。

今から、10年ほど前になりますが、2009年にアメリカのマサチューセッツ大教授が「メニエール病はヘルペスウイルスが原因」という論文を発表しています。

メニエール病の患者に、抗ヘルペスウイルス剤であるアシクロビルを35名に投与したところ32名の著効を示したということです。

日本でもその論文が出る前から、抗ヘルペスウイルス剤を使っていた先生がいて、

「めまいは治せる」という本の著者である七戸満雄先生です。

日本のめまい学会は完全否定ですね。全く認めていません。なので、抗ヘルペスウイルス剤に保険は効きません。

良性発作性頭位めまいや突発性難聴にも効いたというのもありました。まあこの辺は、病名のつけ方の問題なんでしょう。メニエールと言っても、別に内リンパ浮腫を確認しているわけでもないでしょうし、良性発作性頭位めまいと言っても耳石を確認しているわけでもないでしょうから。

ようするに、ヘルペスウイルスも精神的ストレスや過労時に暴れることが多いので、めまいの患者さんの中には、原因がヘルペスウイルスだということがあるということですね。

めまいの患者さんの治療で、ウイルスの治療が起こるかもしれませんね。

21回の閲覧

最新記事

すべて表示

Still Point 静止の点

廻る世界の静止の点に。 肉体があるでもなく、ないでもなく、 出発点も方向もなく、その静止の点――そこにこそ舞踏がある、 だが、抑止も運動もない。それは固定とは言えない、そこで 過去と未来が一つに収斂するのだ。出発点もない方向もない運動、 上昇でも下降でもない。その一点が、その静止の点がもしなければ 舞踏など存在しないだろう。だが、現実には舞踏こそ唯一の存在。 そこにわたしたちはいたとは言える

自然現象と心の構造

この本には、ユングとパウリ、二人の文章が1本づつ入っています。 ユングの「Synchronicity共時性」が読みたくて探しているとこんなとこに入ってました。 ちなみに、このSynchronicityはバイオダイナミクスの推薦書です。しかも。訳者はあの有名な河合隼雄です。 しかしこの本は簡単な本ではありませんので、わかりやすく説明しているwebページを見つけましたので、まずはこちらから読んでみても

  • ブラックFacebookのアイコン
  • Black Twitter Icon