検索

人はなぜ治るのか

「癒す心治る力」、「ナチュラル・メディスン」とアンドリュー・ワイルの本は読んでいるが、なぜかこの本は持っていなかった。もしかしたら、読んだのかもしない(少なくとも本棚には並んでいない)。今回この本をいただいたので読んでみた。


アロパシー医学(現代医学)と代替医学について書かれていてオステオパシーもちょっとだけ出てくる。


「第4章―健康とは全体である」は興味深い。健康(haelth)の語源的意味は「全体」である。この言葉は"whole"(すべての)、"hole"(健全な)、"holy"(神聖な)などと同じアングロ・サクソン語に由来している。やはり,健全は全体性なのである。


それから、第19章プラシーボ反応には考えさせられた。アロパシー医学であれ、代替医学でさえ、自らの治療の正当性を訴えるために、プラシーボ反応は避けるべきものであり、プラシーボ反応で良くなっているわけではないと主張する。


だが、治癒というものはプラシーボ反応なしでは考えられないであろう。心が体に及ぼす影響であり、術者の心が患者の心を通して患者の体に影響するのか、それとも術者の心が患者の体に直接、影響を及ぼすのかは、わからないが、良くも悪くも影響を及ぼす。


この効果は、かなり大きい。まずできることは、私であれば、オステオパシーに全幅の信頼を置くことであり、患者から信頼されることであろう。プラシーボ反応は、人間の当然の反応なので、最大限に利用できるようにしていきたいと思う。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ここまで来た「あの世」の科学ー天外伺朗 前回紹介した「般若心経の科学」とかなりの部分でオーバーラップしている。 ボームの内蔵秩序やユングの集合的無意識の話が出てくるが、それらの原典を読むよりは、かなりかみ砕いて説明しているので、わかりやすくていいと思う。 「この世」のすべての生物、物質、精神、想念などが、たたみ込まれた、目に見えないもうひとつの宇宙の秩序 時間も空間も存在しない世界 全人類を結ぶ「

般若心経の科学ー天外伺朗 この本は、276文字の般若心経の解説書である。 理論物理学者、デビット・ボームの「ホログラフィー宇宙モデル」 心理学者、ユングの「集合的無意識」 「般若心経」 ホログラフィー宇宙モデルでは、目に見える物質的な宇宙を「明在系(explicate order)」、もう一つの目に見えない宇宙を「暗在系(implicate order)」と呼び、暗在系には明在系の全ての物質、精神

そして実際、湯冷めや寒冷にさらされることで、風邪を引いたという人もいるでしょう。 そこで疑問なのが、寒いだけでは風邪をひくはずがないということである。実際、南極観測隊では風邪ひくことがあまりないということである。ウイルスがいないからであり、隊員の交代とかがない限り、ウイルスが持ち込まれない。 ということは、冬などの風邪が流行っている時期には、ライノ、コロナなどの風邪のウイルスは多くの人が感染(無症