検索

何もしない静寂が、すべてを調和する!


この本の著者は、読んでから気づいたのですが、日本で幼少期を過ごし、カイロプラクティックの療法を行っていて、アメリカ・フロリダ州在住と書いているので、たぶんD.Cなのかな?


まず、あなたの思考が映し出されるスクリーンである「無」という純粋な気づきを体験し、そして純粋な気づきが最初に心で個別化される光、ユーフィーリングを体験する。そのユーフィーリングの中に終わりなきスティルネス(静寂)があります。

そしてユースティルネスとは深遠なる静寂を指します。ユースティルネスは私たちの中のもっとも高いレベルの理解力、知性、決断力、そのほかいつ何をおこなうか、善と悪、正とj邪を見分ける力を呼び覚まします。


癒しは休息から始まります。休息とは「活動が少ない」状態です。活動が少ないと、より調和があります。まったく活動がないのは完全な調和です。ユースティルネスとは絶対的なスティルネス(静寂)で完全な調和です。


ユースティルネスに気づくことで、完全な調和が訪れ癒しが起こるということです。

結構楽しく読める本でした。

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

パーキンソン病ーBraak仮説

パーキンソン病とは、αシヌクレインというタンパク質の蓄積により黒質線条体系に異常が起こり、伝達物質であるドーパミンが不足してしまう病気です。 症状としては振戦、無動、固縮、姿勢反射障害などの運動症状、便秘、起立性低血圧などの自律神経症状、レム期睡眠行動異常、うつ、アパシーなどの精神症状、睡眠障害、幻視、錯視、遂行機能障害などの認知症状といった多彩な症状があります。 異常なαシヌクレインはどこで作ら