検索

帯状疱疹後神経痛

いわゆるよく聞くヘルペスには2つあります。

一つ目は、口唇ヘルペス、性器ヘルペスなどの原因になる単純ヘルペスです。

単純ヘルペスウイルス(HSV)が原因でできる水ぶくれを単純疱疹といい全身のどこにでもできます。

・唇(口唇ヘルペス)・歯茎、口の中(ヘルペス性歯肉口内炎)・耳、頭、顔面・胴体・腕・おしり・性器(性器ヘルペス)・陰部、肛門・足など

もう一つは、帯状疱疹の原因になる水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)です。帯状疱疹も全身のどこにでもできます。このVZVの初めての感染が水疱瘡です。その時のVZVが脳神経、脊髄の神経節に残存していて、それが再発して神経を逆行性に下降して皮膚に病変を作るのが帯状疱疹です。

この2つは親戚のようなウイルスなので似たようなところがあります。

・水ぶくれがでる・水ぶくれの場所に痛みかゆみが出る・うつる病気(感染症)である・原因ウイルスは体に一生住みついて治療しても再発する。

HSVでは神経痛が残ることはありませんが、VZVの再活性化では神経痛を残すことがあります。それが帯状疱疹後神経痛です。

それは再活性化の時のHSVとVZVの挙動の違いにあるという考え方があります。

HSVは神経線維の中を下降して神経終末で増殖し、その部分の皮膚に散在性の病変を作るのに対し、VZVは神経線維束に沿って神経束を傷害しながら下降し、その神経束の支配領域で帯状疱疹を発症する。

HSVは神経線維束を傷害しないため患者はむしろ痛みに鈍感になるが、VZVでは神経線維束が損傷するので、それが帯状疱疹に伴う疼痛の1つの原因であると考えられます。

閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ここまで来た「あの世」の科学ー天外伺朗 前回紹介した「般若心経の科学」とかなりの部分でオーバーラップしている。 ボームの内蔵秩序やユングの集合的無意識の話が出てくるが、それらの原典を読むよりは、かなりかみ砕いて説明しているので、わかりやすくていいと思う。 「この世」のすべての生物、物質、精神、想念などが、たたみ込まれた、目に見えないもうひとつの宇宙の秩序 時間も空間も存在しない世界 全人類を結ぶ「

般若心経の科学ー天外伺朗 この本は、276文字の般若心経の解説書である。 理論物理学者、デビット・ボームの「ホログラフィー宇宙モデル」 心理学者、ユングの「集合的無意識」 「般若心経」 ホログラフィー宇宙モデルでは、目に見える物質的な宇宙を「明在系(explicate order)」、もう一つの目に見えない宇宙を「暗在系(implicate order)」と呼び、暗在系には明在系の全ての物質、精神

「癒す心治る力」、「ナチュラル・メディスン」とアンドリュー・ワイルの本は読んでいるが、なぜかこの本は持っていなかった。もしかしたら、読んだのかもしない(少なくとも本棚には並んでいない)。今回この本をいただいたので読んでみた。 アロパシー医学(現代医学)と代替医学について書かれていてオステオパシーもちょっとだけ出てくる。 「第4章―健康とは全体である」は興味深い。健康(haelth)の語源的意味は「