検索

心理性ストレス性体温上昇

更新日:2月1日


心理ストレスによる体温上昇、これは解熱剤が効かないなぜか?

普通の発熱はプロスタグランジンE2が体温中枢である視床下部に働きかけて発熱を起こす、なのでプロスタグランジンの産生を抑制する解熱剤を使えば発熱を抑えることができる。

だが、心理的ストレスによる体温上昇は違うプロセスで体温を上昇させる。交感神経系を使って褐色脂肪組織による熱産生をする。

褐色脂肪組織とは赤ちゃんや冬眠動物に多くある組織で筋肉に運動を起こさずに体温を上昇させる。ダイエットでも有名になりましたよね。

心理ストレス→交感神経→褐色脂肪組織→体温上昇

こんなプロセスがあったとは!

さあ、どう治療に生かせるでしょうか?

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

パーキンソン病ーBraak仮説

パーキンソン病とは、αシヌクレインというタンパク質の蓄積により黒質線条体系に異常が起こり、伝達物質であるドーパミンが不足してしまう病気です。 症状としては振戦、無動、固縮、姿勢反射障害などの運動症状、便秘、起立性低血圧などの自律神経症状、レム期睡眠行動異常、うつ、アパシーなどの精神症状、睡眠障害、幻視、錯視、遂行機能障害などの認知症状といった多彩な症状があります。 異常なαシヌクレインはどこで作ら