top of page
検索

心臓前駆細胞

バイオダイナミクスの講義では、発生の段階で元々脳より上にあったものが横隔膜の上におりてくるとは聞いていて、発生学の本を見たことはあったが、よく意味が分からなかったが、やっと意味が分かりました。

それは、受精後19日目頃から起こる、かなり早い段階です。まだ妊娠に気づいてない頃かな。


胚の最も頭部側に心臓前駆細胞があるため、原腸形成ために胚の頭部が屈曲していくと、原腸の前側を尾部方向に下りていく、ちょうどその時に2本の大動脈が作られてきていて、その一番先端が1本になって心臓になる。

あ~、すっきりした~。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

霧の中のバーバラ

この本の著者は、「世界の中心で愛を叫ぶ」を書いたベストセラー作家である片山恭一さんである。息子さんが障害をお持ちのようで、いろいろと調べていく中で、バーバラ・アロースミス・ヤングのアロースミス・プログラムに出会ったようである。 バーバラ・アロースミス・ヤングの書いた「彼女の脳を変えた女」という本があるようだが、残念なことに日本語に翻訳されていない。様々な言語に翻訳されているのに日本語はなぜないのだ

ここまで来た「あの世」の科学

ここまで来た「あの世」の科学ー天外伺朗 前回紹介した「般若心経の科学」とかなりの部分でオーバーラップしている。 ボームの内蔵秩序やユングの集合的無意識の話が出てくるが、それらの原典を読むよりは、かなりかみ砕いて説明しているので、わかりやすくていいと思う。 「この世」のすべての生物、物質、精神、想念などが、たたみ込まれた、目に見えないもうひとつの宇宙の秩序 時間も空間も存在しない世界 全人類を結ぶ「

般若心経の科学

般若心経の科学ー天外伺朗 この本は、276文字の般若心経の解説書である。 理論物理学者、デビット・ボームの「ホログラフィー宇宙モデル」 心理学者、ユングの「集合的無意識」 「般若心経」 ホログラフィー宇宙モデルでは、目に見える物質的な宇宙を「明在系(explicate order)」、もう一つの目に見えない宇宙を「暗在系(implicate order)」と呼び、暗在系には明在系の全ての物質、精神

Comments


bottom of page