検索

新型コロナウイルスの感染増強する抗体

日本医療研究開発機構から発表されたものです。

抗体にもいろいろあるとは知らなかったので、びっくりしました。ここからは私の理解によるものなので間違っていたらすみません。

要するには、抗体にも人間にとって良いものと悪いものがあるということです。

ちなみに76種類のスパイク蛋白による抗体が見つかったようです。

ADE(抗体依存性感染増強)というのは、ウイルスのスパイク蛋白に抗体が結合して、その抗体が特定の免疫細胞のFc受容体に結合し、その免疫細胞に感染するというものです。

ですが、ここでの話はちょっと違います。


これは、新型コロナウイルスのスパイク蛋白です。

RBDという部分に結合する抗体が中和抗体と呼ばれるもので、良いやつです。ここに抗体が結合するとウイルスが細胞のACE2受容体に結合できなくなります。(細胞の中に入れない)


逆に、悪いやつはNTDに結合するものです。






NTDに結合する抗体の中には、ACE2受容体への結合性を高めてしまうものがあります。




難しいことは省いて、NTDの特定部位に抗体が結合することで感染しやすくなる、感染を助けているのです。

中和抗体が多い人、感染増強抗体の多い人、何がその因子になっているかはわからない。

重症患者で、抗体を調べてみると、これらのNTDに結合する抗体が増えていたそうです。

この研究の最後に、これらの知見に基づいてワクチン開発をしていかなければならないと書かれているので、今のワクチンは考えられていないということですね。


詳しく知りたい方は、日本医療研究開発機構のホームページへ

https://www.amed.go.jp/news/release_20210525-02.html

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ここまで来た「あの世」の科学ー天外伺朗 前回紹介した「般若心経の科学」とかなりの部分でオーバーラップしている。 ボームの内蔵秩序やユングの集合的無意識の話が出てくるが、それらの原典を読むよりは、かなりかみ砕いて説明しているので、わかりやすくていいと思う。 「この世」のすべての生物、物質、精神、想念などが、たたみ込まれた、目に見えないもうひとつの宇宙の秩序 時間も空間も存在しない世界 全人類を結ぶ「

般若心経の科学ー天外伺朗 この本は、276文字の般若心経の解説書である。 理論物理学者、デビット・ボームの「ホログラフィー宇宙モデル」 心理学者、ユングの「集合的無意識」 「般若心経」 ホログラフィー宇宙モデルでは、目に見える物質的な宇宙を「明在系(explicate order)」、もう一つの目に見えない宇宙を「暗在系(implicate order)」と呼び、暗在系には明在系の全ての物質、精神

「癒す心治る力」、「ナチュラル・メディスン」とアンドリュー・ワイルの本は読んでいるが、なぜかこの本は持っていなかった。もしかしたら、読んだのかもしない(少なくとも本棚には並んでいない)。今回この本をいただいたので読んでみた。 アロパシー医学(現代医学)と代替医学について書かれていてオステオパシーもちょっとだけ出てくる。 「第4章―健康とは全体である」は興味深い。健康(haelth)の語源的意味は「