検索

聖なる輪の教え

ネイティブアメリカンの話なんですけど、なんだか読みにくい。

オステオパシーの創始者であるスティル先生が、ネイティブアメリカンの血が入っていて、その考え方や感じ方も彼の中に流れていたようなので読んでみたんですけど・・・

でも、最後の訳者解説が秀逸でした。わかりやすい。これだけでも読んだかいがあったと思わせるものです。

訳者さんが良かったので、この本は全3巻なんですが、セブンアローズⅡも注文してしまった。


20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

パーキンソン病ーBraak仮説

パーキンソン病とは、αシヌクレインというタンパク質の蓄積により黒質線条体系に異常が起こり、伝達物質であるドーパミンが不足してしまう病気です。 症状としては振戦、無動、固縮、姿勢反射障害などの運動症状、便秘、起立性低血圧などの自律神経症状、レム期睡眠行動異常、うつ、アパシーなどの精神症状、睡眠障害、幻視、錯視、遂行機能障害などの認知症状といった多彩な症状があります。 異常なαシヌクレインはどこで作ら