検索

脂質異常症

コレステロールというとよく、悪玉善玉という言葉を耳にします。コレステロール自体には悪玉も善玉もありません。

LDL(low-density lipoprotein)低密度リポタンパク

HDL(high-density lipoprotein)高密度リポタンパク

前者に乗って運ばれるコレステロールを悪玉、後者が善玉と呼ばれますが、コレステロールは同じで乗り物が違うだけです。

LDLは各細胞にコレステロールを運ぶ仕事をしています。

HDLは余ったコレステロールを回収してまわっています。

LDLが炎症のある血管壁にくっつくので、これが脳梗塞や冠動脈疾患の原因とされ悪者にされています。

東海大学の大櫛氏によれば、血管の炎症が起これば修復する必要があり、その補修材料がアミノ酸とコレステロールで、LDLコレステロールは炎症部位にコレステロールを運ぶために集積しているとのことです。コレステロールが高値でも問題ないということです。

本来、血中コレステロールの80%は肝臓で作られています。食事からの摂取が多くなれば肝臓が作る分を減らすはずなんです。普通に食べる分にはコレステロールを気にしなくていいはずです。

LDLが高値になっているのは、血管や他の細胞の修復にコレステロールが必要なのかもしれません。そちらの方に目を向けた方がいいのかもしれません。

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

パーキンソン病ーBraak仮説

パーキンソン病とは、αシヌクレインというタンパク質の蓄積により黒質線条体系に異常が起こり、伝達物質であるドーパミンが不足してしまう病気です。 症状としては振戦、無動、固縮、姿勢反射障害などの運動症状、便秘、起立性低血圧などの自律神経症状、レム期睡眠行動異常、うつ、アパシーなどの精神症状、睡眠障害、幻視、錯視、遂行機能障害などの認知症状といった多彩な症状があります。 異常なαシヌクレインはどこで作ら