検索

自然現象と心の構造

この本には、ユングとパウリ、二人の文章が1本づつ入っています。

ユングの「Synchronicity共時性」が読みたくて探しているとこんなとこに入ってました。

ちなみに、このSynchronicityはバイオダイナミクスの推薦書です。しかも。訳者はあの有名な河合隼雄です。

しかしこの本は簡単な本ではありませんので、わかりやすく説明しているwebページを見つけましたので、まずはこちらから読んでみてもいいと思います。

書評 「共時性:非因果的連関の原理」 C. G. ユング

http://www.mus-nh.city.osaka.jp/iso/argo/nl12/nl12-17-27.pdf

因果律cause and effectー世界は原因と結果の継起として成り立っているとみる。

共時性synchronicityー世界は意味のある事象の同時発生によって構成されている。

ユングは、世界の諸現象は因果律のみのよって捉えられるのではなく、それでは説明できない、あるいはそれ以外の原理(共時性)によっても説明できる世界が開けている。それを認めることによって、我々は因果律のみに縛られない、新しい世界観を得ることができるとユングは主張する。

バイオダイナミクスの考え方でも因果律にはとらわれません。因果律にとらわれない原因とか言います。

個の中の全体ーライプニッツの単子論

単子(モナド)は全体(宇宙)に対する、その構成要素だが、それ自身の中にまた全体を含むとされる。人間も一つの単子であり、したがって一人の人間の中には全宇宙が投影されている。

これは全体性の話ですね。個の中の全体。

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

Still Point 静止の点

廻る世界の静止の点に。 肉体があるでもなく、ないでもなく、 出発点も方向もなく、その静止の点――そこにこそ舞踏がある、 だが、抑止も運動もない。それは固定とは言えない、そこで 過去と未来が一つに収斂するのだ。出発点もない方向もない運動、 上昇でも下降でもない。その一点が、その静止の点がもしなければ 舞踏など存在しないだろう。だが、現実には舞踏こそ唯一の存在。 そこにわたしたちはいたとは言える

新型コロナワクチン

ワクチンについて大変興味深い文章を見つけましたので紹介します。 https://jikei-tropmed2.wixsite.com/covid-19/what-s-corona 東京慈恵会医科大学ウイルス学講座  近藤一博教授 Q: ワクチンの項にあります「注射による中和抗体IgGの産生が感染防止には役立たないことは、インフルエンザのワクチンで良く知られている事実です。」はどういうことでしょうか

  • ブラックFacebookのアイコン
  • Black Twitter Icon