検索

自然現象と心の構造

この本には、ユングとパウリ、二人の文章が1本づつ入っています。

ユングの「Synchronicity共時性」が読みたくて探しているとこんなとこに入ってました。

ちなみに、このSynchronicityはバイオダイナミクスの推薦書です。しかも。訳者はあの有名な河合隼雄です。

しかしこの本は簡単な本ではありませんので、わかりやすく説明しているwebページを見つけましたので、まずはこちらから読んでみてもいいと思います。

書評 「共時性:非因果的連関の原理」 C. G. ユング

http://www.mus-nh.city.osaka.jp/iso/argo/nl12/nl12-17-27.pdf

因果律cause and effectー世界は原因と結果の継起として成り立っているとみる。

共時性synchronicityー世界は意味のある事象の同時発生によって構成されている。

ユングは、世界の諸現象は因果律のみのよって捉えられるのではなく、それでは説明できない、あるいはそれ以外の原理(共時性)によっても説明できる世界が開けている。それを認めることによって、我々は因果律のみに縛られない、新しい世界観を得ることができるとユングは主張する。

バイオダイナミクスの考え方でも因果律にはとらわれません。因果律にとらわれない原因とか言います。

個の中の全体ーライプニッツの単子論

単子(モナド)は全体(宇宙)に対する、その構成要素だが、それ自身の中にまた全体を含むとされる。人間も一つの単子であり、したがって一人の人間の中には全宇宙が投影されている。

これは全体性の話ですね。個の中の全体。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

般若心経の科学ー天外伺朗 この本は、276文字の般若心経の解説書である。 理論物理学者、デビット・ボームの「ホログラフィー宇宙モデル」 心理学者、ユングの「集合的無意識」 「般若心経」 ホログラフィー宇宙モデルでは、目に見える物質的な宇宙を「明在系(explicate order)」、もう一つの目に見えない宇宙を「暗在系(implicate order)」と呼び、暗在系には明在系の全ての物質、精神

「癒す心治る力」、「ナチュラル・メディスン」とアンドリュー・ワイルの本は読んでいるが、なぜかこの本は持っていなかった。もしかしたら、読んだのかもしない(少なくとも本棚には並んでいない)。今回この本をいただいたので読んでみた。 アロパシー医学(現代医学)と代替医学について書かれていてオステオパシーもちょっとだけ出てくる。 「第4章―健康とは全体である」は興味深い。健康(haelth)の語源的意味は「

そして実際、湯冷めや寒冷にさらされることで、風邪を引いたという人もいるでしょう。 そこで疑問なのが、寒いだけでは風邪をひくはずがないということである。実際、南極観測隊では風邪ひくことがあまりないということである。ウイルスがいないからであり、隊員の交代とかがない限り、ウイルスが持ち込まれない。 ということは、冬などの風邪が流行っている時期には、ライノ、コロナなどの風邪のウイルスは多くの人が感染(無症