検索

酸塩基平衡

自然の調整は美しい。

酸性とアルカリ性、塩基は厳密にはアルカリではないが、ここではアルカリと考える。

酸とはH⁺(水素イオン)を放出するもの、塩基とはH⁺を受け取るものです。

PHは血液や細胞外液の水素イオン濃度で決まる。

PH1が最も水素イオンが多く酸性、PH14最も水素イオンが少なくアルカリ性、

PH7が中性です。我々の血液では、PH7,35~7,45弱アルカリで維持されています。

これが酸塩基平衡です。

ではなぜ、この範囲で維持されているのか?

この範囲が、体の中の代謝作用などで活躍する酵素が活性化するからです。

重要になってくるのがこの式です。

CO₂+H₂O⇆H₂CO₃(炭酸)⇆H⁺+HCO₃⁻


CO₂が多いと酸性に傾け、HCO₃⁻重炭酸イオンor炭酸水素イオンが多いとアルカリ性に傾けます。


CO₂は肺から排泄します。HCO₃⁻は腎臓で作ったり、再吸収したり、H⁺を排泄したりします。

ではどうやって調整するか?

肺では、呼吸数を減らすとCO₂の排出が減り酸性へ向かい、

呼吸数を増やすとCO₂の排出が増えアルカリ性に向かいます。

腎臓では、HCO₃⁻の再吸収を増やすとアルカリ性へ、減らすと酸性へ。

H⁺の排泄を増やすとアルカリ性へ、減らすと酸性へ。

このように肺と腎臓で調節します。


病気の時に酸塩基平衡がどのように乱れるか?

・気管支喘息・COPD・呼吸筋麻痺などでは、呼吸機能が低下します。

CO₂が上昇し酸性へ傾きます(呼吸性アシドーシス)

・過換気症候群では、呼吸数が増加します。

CO₂が低下しアルカリ性に傾きます(呼吸性アルカローシス)

・腎機能低下では、HCO₃⁻が作れないし、酸排泄機能の低下で酸性の傾く(代謝性アシドーシス)

・下痢ー腸液の喪失でHCO₃⁻が減少する(代謝性アシドーシス)

胃酸が強酸性なので、中和するために十二指腸からの膵液にはHCO₃⁻が含まれている

・嘔吐ー胃酸の喪失でH⁺の減少(代謝性アルカローシス)

・糖尿病ーインスリン作用不足で細胞が糖質を使えないので、栄養源として脂質・アミノ酸を使うと代謝産物としてケトン体が溜まる。これが酸性物質でH⁺を増やす。(代謝性アシドーシス)原因がケトン体なのでケトアシドーシスという。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

パーキンソン病ーBraak仮説

パーキンソン病とは、αシヌクレインというタンパク質の蓄積により黒質線条体系に異常が起こり、伝達物質であるドーパミンが不足してしまう病気です。 症状としては振戦、無動、固縮、姿勢反射障害などの運動症状、便秘、起立性低血圧などの自律神経症状、レム期睡眠行動異常、うつ、アパシーなどの精神症状、睡眠障害、幻視、錯視、遂行機能障害などの認知症状といった多彩な症状があります。 異常なαシヌクレインはどこで作ら