検索

マインド

この頃の新型コロナの恐怖をあおる報道が、どうも嫌でしょうがないと思っていたところに、A.Tスティルの本の中に良い文章があったのでご紹介します。

怖がらずに、健全と共にありましょう!


1854年に時々、彼はメイコン郡から馬に乗ってワカルサ伝道部に家族を訪問し、友人を連れて行きました。コレラの流行は最盛期にあり、彼らが行ったどこでもこの病気が主な話題となりました。カンザスシティで、彼らはニューオリンズへ下って行く途中の川のボートや川沿い町でのその流行の恐ろしい話を聞きました。帰りの旅で、カンザスシティから60マイル離れた高い草原を横切って馬に乗っていて、スティルは突然、彼は病気にかかったと思うと悪ふざけで知らせました。その効果は驚くべきものでした。彼の友人は、汗、吐き気、そして初期のコレラのすべての兆候で、死にそうに青ざめ、衰弱に近いように見えました。スティルは、冗談を言っていただけだと仲間を安心させようとしたが、効果がなく、何をすべきか疑問に思った時、彼は突然、父親にされた子供時代のむち打ちを思い出し、革ひものひりひりする痛みで、どのように彼の怒りが起こり、彼の体が暖かかったのを思い出した:

だから私は手を伸ばして私のあぶみのストラップを緩め、彼の上にそれを激しく打ちつけ始めました。私が少なくとも半ダースのストロークを打つまで、彼は注意を払わなかった、それから、彼は私を見て、「あなたが傷つけた。」と言った。彼は半袖で、私は彼の怒りが喚起されるまで、私は彼の背中に上手に激しく革ひもを打ちつけた、彼は「あなたが辞めなければ、私は馬からあなたを打ち落とします」と言いました。それから私は自分の薬が効果を出していることを知って、私の親友が家から何マイルも離れた開放的な大草原のそこで死なないことを知ってうれしかった。

心の力は決して過小評価されるべきではありません。医師は、患者が彼の状態の最終的な判断としてそれらを受け入れるかもしれないので、慎重に言葉を選択する必要があります。「あなたが言うことは、あなたの概念をはるかに超えて重いです、」と、スティルは彼の学生に強く認識させました。「万一、彼の回復への希望を見つけて、愛の海に落ちた稲妻のぞくぞくする感じのように、あなたの報告をすれば、彼の活力は喜びで踊ります。しかし、もし万一、あなたの報告で全ての希望を取り去るのに十分に無思慮であるなら、あなたは重要なエネルギーを冷やし、あなたはそれを沈黙させた。患者に、彼が悪い窮地にいて、今日は昨日より悪いこと、または彼が病気に見えることを決して言わないでください。世界が夢見てきたよりも多くの患者がそのような軽率な言動や恐怖から苦しみ死にます。対照的に、前向きな姿勢を取り入れ、患者の状態について教育することは、しばしば回復を早めました。とりわけ、スティルは教える、医者の言葉は自信の重圧に耐えなければなりません。そこには不文律があった:最良の結果のためには、あなたは患者の信頼を得ている必要があり、それを得るためには、あなた自身の能力に自信を持っている必要があります。自信、責任、関心(またはそれの欠如)は、患者に直接送られます。


A.T.STILL JOHN LEWISより抜粋



19回の閲覧

最新記事

すべて表示

Still Point 静止の点

廻る世界の静止の点に。 肉体があるでもなく、ないでもなく、 出発点も方向もなく、その静止の点――そこにこそ舞踏がある、 だが、抑止も運動もない。それは固定とは言えない、そこで 過去と未来が一つに収斂するのだ。出発点もない方向もない運動、 上昇でも下降でもない。その一点が、その静止の点がもしなければ 舞踏など存在しないだろう。だが、現実には舞踏こそ唯一の存在。 そこにわたしたちはいたとは言える

自然現象と心の構造

この本には、ユングとパウリ、二人の文章が1本づつ入っています。 ユングの「Synchronicity共時性」が読みたくて探しているとこんなとこに入ってました。 ちなみに、このSynchronicityはバイオダイナミクスの推薦書です。しかも。訳者はあの有名な河合隼雄です。 しかしこの本は簡単な本ではありませんので、わかりやすく説明しているwebページを見つけましたので、まずはこちらから読んでみても

  • ブラックFacebookのアイコン
  • Black Twitter Icon