検索

手の震え

老人性振戦、随意運動で増強し、上肢、頭、下顎、口唇、舌に著明です。老人にはパーキンソン病も多いのでこれとの鑑別が大事です。

パーキンソン病では、静止時振戦で、上肢を水平位に保持させると減弱ないし消失したり、随意運動で一時的に抑制される。よく知られている丸薬丸め様運動もありますね。

老人性振戦というのは本態性振戦の中に入るんですけど、本態性というのは原因不明という意味です。

その振戦の原因が解明されたという論文が発表されました。

その原因は小脳のプルキンエ細胞の起始部におけるナトリウムイオンチャンネルの欠失にある。それにより、プルキンエ細胞が発生する電気信号が弱まっているということです。

小脳だったんですね。

小脳で有名なのは、企図振戦。これは小脳と中脳をつなぐ上小脳脚の病変が原因です。

それより気になったのは、本態性振戦の第一選択薬がβ遮断薬です。またもや交感神経だ。

末梢の交感神経の活動が上昇しているので、興奮を伝達するノルアドレナリンをブロックするらしい。

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ここまで来た「あの世」の科学ー天外伺朗 前回紹介した「般若心経の科学」とかなりの部分でオーバーラップしている。 ボームの内蔵秩序やユングの集合的無意識の話が出てくるが、それらの原典を読むよりは、かなりかみ砕いて説明しているので、わかりやすくていいと思う。 「この世」のすべての生物、物質、精神、想念などが、たたみ込まれた、目に見えないもうひとつの宇宙の秩序 時間も空間も存在しない世界 全人類を結ぶ「

般若心経の科学ー天外伺朗 この本は、276文字の般若心経の解説書である。 理論物理学者、デビット・ボームの「ホログラフィー宇宙モデル」 心理学者、ユングの「集合的無意識」 「般若心経」 ホログラフィー宇宙モデルでは、目に見える物質的な宇宙を「明在系(explicate order)」、もう一つの目に見えない宇宙を「暗在系(implicate order)」と呼び、暗在系には明在系の全ての物質、精神

「癒す心治る力」、「ナチュラル・メディスン」とアンドリュー・ワイルの本は読んでいるが、なぜかこの本は持っていなかった。もしかしたら、読んだのかもしない(少なくとも本棚には並んでいない)。今回この本をいただいたので読んでみた。 アロパシー医学(現代医学)と代替医学について書かれていてオステオパシーもちょっとだけ出てくる。 「第4章―健康とは全体である」は興味深い。健康(haelth)の語源的意味は「