検索

手の震え

老人性振戦、随意運動で増強し、上肢、頭、下顎、口唇、舌に著明です。老人にはパーキンソン病も多いのでこれとの鑑別が大事です。

パーキンソン病では、静止時振戦で、上肢を水平位に保持させると減弱ないし消失したり、随意運動で一時的に抑制される。よく知られている丸薬丸め様運動もありますね。

老人性振戦というのは本態性振戦の中に入るんですけど、本態性というのは原因不明という意味です。

その振戦の原因が解明されたという論文が発表されました。

その原因は小脳のプルキンエ細胞の起始部におけるナトリウムイオンチャンネルの欠失にある。それにより、プルキンエ細胞が発生する電気信号が弱まっているということです。

小脳だったんですね。

小脳で有名なのは、企図振戦。これは小脳と中脳をつなぐ上小脳脚の病変が原因です。

それより気になったのは、本態性振戦の第一選択薬がβ遮断薬です。またもや交感神経だ。

末梢の交感神経の活動が上昇しているので、興奮を伝達するノルアドレナリンをブロックするらしい。

20回の閲覧

最新記事

すべて表示

Still Point 静止の点

廻る世界の静止の点に。 肉体があるでもなく、ないでもなく、 出発点も方向もなく、その静止の点――そこにこそ舞踏がある、 だが、抑止も運動もない。それは固定とは言えない、そこで 過去と未来が一つに収斂するのだ。出発点もない方向もない運動、 上昇でも下降でもない。その一点が、その静止の点がもしなければ 舞踏など存在しないだろう。だが、現実には舞踏こそ唯一の存在。 そこにわたしたちはいたとは言える

自然現象と心の構造

この本には、ユングとパウリ、二人の文章が1本づつ入っています。 ユングの「Synchronicity共時性」が読みたくて探しているとこんなとこに入ってました。 ちなみに、このSynchronicityはバイオダイナミクスの推薦書です。しかも。訳者はあの有名な河合隼雄です。 しかしこの本は簡単な本ではありませんので、わかりやすく説明しているwebページを見つけましたので、まずはこちらから読んでみても

  • ブラックFacebookのアイコン
  • Black Twitter Icon