検索

死ぬ瞬間


原題ー死とその過程についてのー紹介です。

著者エリザベス・キュプラ―・ロスは精神科の医者で、精神病患者の体罰を廃止し、「治療の希望なし」とされていた分裂病患者の95%退院させ、社会復帰させたことで有名らしい。

この辺の話は本書では、まったく触れてはいません。面白そうなのに。


原題通り、この本では死の過程について書いています。そのほとんどが患者とのインタビュー形式で書かれているので、難しくはありません。


キュプラ―・ロスは、死への過程は、五段階に分かれていると言っています。2つの過程が重複したりはしますが、およそこの5つの過程を経るということです。

第一段階ー否認と孤立

第二段階ー怒り

第三段階ー取り引き

第四段階ー抑鬱

第五段階ー受容


誰もが死は避けて通れないものです、近親者であったり、自分であったり、なので一度読んでみる価値のあるものだと思います。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

パーキンソン病ーBraak仮説

パーキンソン病とは、αシヌクレインというタンパク質の蓄積により黒質線条体系に異常が起こり、伝達物質であるドーパミンが不足してしまう病気です。 症状としては振戦、無動、固縮、姿勢反射障害などの運動症状、便秘、起立性低血圧などの自律神経症状、レム期睡眠行動異常、うつ、アパシーなどの精神症状、睡眠障害、幻視、錯視、遂行機能障害などの認知症状といった多彩な症状があります。 異常なαシヌクレインはどこで作ら