検索

脳腸相関

腸は第二の脳といわれるぐらいで、脳の助けがなくても自律できる部分もあるが、実はお互いに密接にかかわりあっている。

人間以外の生物でも脳でストレスを感じるとおなかが痛くなり、便意を催すことが知られていて、反対に腸に病原菌が感染すると、脳で不安が増すとの研究報告もある。

脳と腸は自律神経系や液性因子(ホルモンやサイトカインなど)を介して密に関連していることが知られている。この双方向的な関連を「脳腸相関」と言う。

これが、器質的ではなく、機能的な疾患である過敏性腸症候群の病態を考えるうえで重要になってくる。

過敏性腸症候群とは、腹痛あるいは腹部不快感が1ヵ月につき3日以上あるものが3か月以上続き、その腹痛あるいは腹部不快感が、

1、排便によって警戒する 2、排便頻度の変化で始まる 3、便性状の変化で始まる

この3つ便通異常の2つ以上の症状を伴うものとされています。


・ストレス下での脳から腸へのシグナル

視床下部室傍核ー副腎皮質刺激ホルモン放出因子(CRF)

              ↓↓

  下垂体前葉ー副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)

              ↓↓

     副腎皮質-糖質コルチコイド

              ↓↓

  ストレスに適応する様々な生体反応


・消化管から脳への侵害刺激信号

消化管内腔の粘膜細胞→迷走神経下神経節→延髄孤束核

     ↓

   脊髄後根→脊髄後角→脊髄視床路

             脊髄網様体路

               ↓

              視床→島・帯状回・前頭前野


ここで興味を引くのは、帯状回、特に膝下部前帯状回です。

ここは、健常者が悲しみを感じた時に活性化する部分です。うつ病患や過敏性腸症候群では、この部位の活性が過剰で、薬や認知行動療法などで症状が緩和されると、この部位の活性化が下がるようです。


・消化管粘膜の感覚閾値低下

・前帯状回の活性亢進

なぜそうなるのか?

はっきりとはわかっていないようですが、腸内フローラも関係しているようです。

糞便移植なんて言うのもあるみたいです。

私、抗生物質の飲み過ぎも関係してくるのではと思います。     

   

  

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

Still Point 静止の点

廻る世界の静止の点に。 肉体があるでもなく、ないでもなく、 出発点も方向もなく、その静止の点――そこにこそ舞踏がある、 だが、抑止も運動もない。それは固定とは言えない、そこで 過去と未来が一つに収斂するのだ。出発点もない方向もない運動、 上昇でも下降でもない。その一点が、その静止の点がもしなければ 舞踏など存在しないだろう。だが、現実には舞踏こそ唯一の存在。 そこにわたしたちはいたとは言える

自然現象と心の構造

この本には、ユングとパウリ、二人の文章が1本づつ入っています。 ユングの「Synchronicity共時性」が読みたくて探しているとこんなとこに入ってました。 ちなみに、このSynchronicityはバイオダイナミクスの推薦書です。しかも。訳者はあの有名な河合隼雄です。 しかしこの本は簡単な本ではありませんので、わかりやすく説明しているwebページを見つけましたので、まずはこちらから読んでみても

  • ブラックFacebookのアイコン
  • Black Twitter Icon