検索

五十肩

まずはスティルの話から始めます。女性の瞼にできた良性の腫瘍の治療の話が本に出てくるんですが、頚椎を治療した後、その瞼にできた腫瘍に血液を供給している血管をつぶすようにするんですけど、やり方はワセリンを塗った指の爪でその動脈を横切って滑らせるというだけなんです。

腫瘍に行く血管をつぶすという考え方がすごいですよね。

今では悪性腫瘍は自分が大きくなるために血管新生するので、血管新生させないための物質を入れたりする研究がされているけど、100年以上前に、そこに気づくとは!

血管新生と言えば、ここで本題の五十肩。

五十肩だけでなく、椎間板ヘルニアでも、膝痛でも、慢性の痛みでは、モヤモヤ血管ができてるらしい。

異常な血管新生で、新生血管は細く無秩序に増殖していて、血流が遮断されると死滅する特性があるらしい。一番圧痛の強いところを15秒圧迫すると新生血管を死滅させることができるらしい。「痛みを治したいならモヤモヤ血管を押しなさい」より引用。

やってみる価値ありかも。

根本的問題は血管新生がうまく行ってないところにあるのかな?

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

般若心経の科学ー天外伺朗 この本は、276文字の般若心経の解説書である。 理論物理学者、デビット・ボームの「ホログラフィー宇宙モデル」 心理学者、ユングの「集合的無意識」 「般若心経」 ホログラフィー宇宙モデルでは、目に見える物質的な宇宙を「明在系(explicate order)」、もう一つの目に見えない宇宙を「暗在系(implicate order)」と呼び、暗在系には明在系の全ての物質、精神

「癒す心治る力」、「ナチュラル・メディスン」とアンドリュー・ワイルの本は読んでいるが、なぜかこの本は持っていなかった。もしかしたら、読んだのかもしない(少なくとも本棚には並んでいない)。今回この本をいただいたので読んでみた。 アロパシー医学(現代医学)と代替医学について書かれていてオステオパシーもちょっとだけ出てくる。 「第4章―健康とは全体である」は興味深い。健康(haelth)の語源的意味は「

そして実際、湯冷めや寒冷にさらされることで、風邪を引いたという人もいるでしょう。 そこで疑問なのが、寒いだけでは風邪をひくはずがないということである。実際、南極観測隊では風邪ひくことがあまりないということである。ウイルスがいないからであり、隊員の交代とかがない限り、ウイルスが持ち込まれない。 ということは、冬などの風邪が流行っている時期には、ライノ、コロナなどの風邪のウイルスは多くの人が感染(無症