検索

耳鳴り

誰でも耳をすませば、笛の音のように聞こえる耳鳴りの音があって、それは脳が拾い上げる音ではなく、反対に脳から送られてくる音であり、内耳の蝸牛殻周辺でつくられる。病気としての耳鳴りは脳から送られてくるこの音のバランスが崩れた状態で、その音量が上がり過ぎてしまって、通常なら聞こえるはずの外部の音がかき消されてしまうものである。

とジョセフ・P・ピアスは言っている。

誰でも耳をすませば聞こえる音というのは、耳音響放射と言われるもので、ウェキペディアによると「静かな場所で脳から聞こえる単調な高音である。生理的耳鳴りともいう。」ということらしい。

もっと詳しく調べると、耳の中の蝸牛というところに有毛細胞というのがあって、内有毛細胞は、10~30本の有髄の求心性の神経線維が来ていて聴覚信号の伝達をしている。

外有毛細胞はというと、1本の無髄の求心性繊維と脳幹の上オリーブ核から遠心性神経線維の投射を受けており、基底膜振動の増幅に関与している。

この外有毛細胞が常に振動していて音を出している。

なぜこれを取り上げたかというと、治療中に静寂になると、サイレントかなと思っていたんですけど、耳鳴りがしてくるので何なんだろうと思っていたんですが、正常な体の機能なんだと思ったのと、耳鳴りの原因はわからないことも多く、血管性のものとか特定できるものもあるが、何か治療につながりそうなので書いておきました。

閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ここまで来た「あの世」の科学ー天外伺朗 前回紹介した「般若心経の科学」とかなりの部分でオーバーラップしている。 ボームの内蔵秩序やユングの集合的無意識の話が出てくるが、それらの原典を読むよりは、かなりかみ砕いて説明しているので、わかりやすくていいと思う。 「この世」のすべての生物、物質、精神、想念などが、たたみ込まれた、目に見えないもうひとつの宇宙の秩序 時間も空間も存在しない世界 全人類を結ぶ「

般若心経の科学ー天外伺朗 この本は、276文字の般若心経の解説書である。 理論物理学者、デビット・ボームの「ホログラフィー宇宙モデル」 心理学者、ユングの「集合的無意識」 「般若心経」 ホログラフィー宇宙モデルでは、目に見える物質的な宇宙を「明在系(explicate order)」、もう一つの目に見えない宇宙を「暗在系(implicate order)」と呼び、暗在系には明在系の全ての物質、精神

「癒す心治る力」、「ナチュラル・メディスン」とアンドリュー・ワイルの本は読んでいるが、なぜかこの本は持っていなかった。もしかしたら、読んだのかもしない(少なくとも本棚には並んでいない)。今回この本をいただいたので読んでみた。 アロパシー医学(現代医学)と代替医学について書かれていてオステオパシーもちょっとだけ出てくる。 「第4章―健康とは全体である」は興味深い。健康(haelth)の語源的意味は「