検索

腰痛

たまたま2件ほど腰痛の患者さんで、同じようなものを見たので書いてます。

体の前方外側の方から股関節の方に伸びる軸、外から来ているのか、内から出ているのか方向性は感じなかったんですが、見えたんです。

それがなんだかわからなかったけど、治療はうまく行き、患者さんは良くなったんですけど、それが何だったのか気になっていました。


後日、ネッター発生学アトラスを見てたんですけど、その時には全然気づきませんでしたが、何日か経って。

もしかして、あれは、胎児の下肢発生の際の大腿骨回旋のミッドラインじゃなかったのか。

今度見るときは、もうちょっと楽しめそう。

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

パーキンソン病ーBraak仮説

パーキンソン病とは、αシヌクレインというタンパク質の蓄積により黒質線条体系に異常が起こり、伝達物質であるドーパミンが不足してしまう病気です。 症状としては振戦、無動、固縮、姿勢反射障害などの運動症状、便秘、起立性低血圧などの自律神経症状、レム期睡眠行動異常、うつ、アパシーなどの精神症状、睡眠障害、幻視、錯視、遂行機能障害などの認知症状といった多彩な症状があります。 異常なαシヌクレインはどこで作ら