検索

風邪

今年は寒さが例年よりましで、1月なのに3月上旬の気候と天気予報で言ってましたけど、みなさんは風邪をひいていないでしょうか?

みなさんは、風の原因は何かご存じでしょうか?そうです、ウイルスですよね。

インフルエンザも当然ウイルスです。ウイルスの種類が違うだけです。

風邪の原因ウイルスは、さまざまでライノ、コロナ、RS、パラインフルエンザ、アデノウイルスなどがあります。

「風邪をひいたら抗生物質を飲まないと」と思っている人いませんか?

抗生物質はウイルスには効きませんよ。抗生物質は細菌に効くんです。ウイルスと細菌は全然別物です。

インフルエンザに罹った時は、抗生物質を飲みませんよね。インフルエンザに抗生物質が効かないからです。風邪も同様です。

インフルエンザには抗ウイルス薬がありますが解熱が1日ほど早まる程度です。

(他の医師も言っていますが、亀田メディカルセンターのブログより)

http://www.kameda.com/pr/infectious_disease/post_150.html

オステオパシーの施術を受けて治癒力を上げましょう!

A.Tスティルは、彼の著書「オステオパシーの研究と実践」でインフルエンザの治療についても言及しています。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ここまで来た「あの世」の科学ー天外伺朗 前回紹介した「般若心経の科学」とかなりの部分でオーバーラップしている。 ボームの内蔵秩序やユングの集合的無意識の話が出てくるが、それらの原典を読むよりは、かなりかみ砕いて説明しているので、わかりやすくていいと思う。 「この世」のすべての生物、物質、精神、想念などが、たたみ込まれた、目に見えないもうひとつの宇宙の秩序 時間も空間も存在しない世界 全人類を結ぶ「

般若心経の科学ー天外伺朗 この本は、276文字の般若心経の解説書である。 理論物理学者、デビット・ボームの「ホログラフィー宇宙モデル」 心理学者、ユングの「集合的無意識」 「般若心経」 ホログラフィー宇宙モデルでは、目に見える物質的な宇宙を「明在系(explicate order)」、もう一つの目に見えない宇宙を「暗在系(implicate order)」と呼び、暗在系には明在系の全ての物質、精神

「癒す心治る力」、「ナチュラル・メディスン」とアンドリュー・ワイルの本は読んでいるが、なぜかこの本は持っていなかった。もしかしたら、読んだのかもしない(少なくとも本棚には並んでいない)。今回この本をいただいたので読んでみた。 アロパシー医学(現代医学)と代替医学について書かれていてオステオパシーもちょっとだけ出てくる。 「第4章―健康とは全体である」は興味深い。健康(haelth)の語源的意味は「