バイオダイナミクスは、ジェームス・ジェラスDOによって開発されました。何十年にもわたる研究と実践の後、オステオパシーの原則と実践へのジェラス博士の献身が、スティル博士とサザーランド博士が学生にそうするように勧めたように、彼の洞察をオステオパシーの専門家と共有するように促しました。ジェラス博士は、また、オステオパシーの専門家が、最近の世代で失われていた最初の150年間に明らかにされた素晴らしい発見と謎のいくつかを回復するのを助ける責任を感じました。

ジェラス博士のオステオパシーおよび物理科学の探求は、彼を発生学者、エリック・ブレヒシュミットMDの仕事に導きました。ブレヒシュミット博士は、彼の著作の中で、成長と発達のプロセスに関する非常に全体論的な視点を反映しています。彼の研究は、動きが生化学よりも胚発生において重要であることを明らかにしました。これは、伝統的なオステオパシーの考え方と非常に一致する概念です。実際、彼は細胞を「空間的に秩序づけられた代謝動きの瞬間的な側面」と定義しました。彼はまた、スティル博士が生きている人間の中で働いている「高次の叡智」について話し、サザーランド博士が「ブレスオブライフ」について話していたように、胚のプロセスに内在する知性に感謝の意を表しました。

見事な洞察と直感で、ジェラス博士はブレヒシュミット博士の仕事とスティル博士とサザーランド博士の仕事の類似点を認識しました。彼は、発生学が解剖学と生理学の理解だけでなく、オステオパシーの原理の理解の基礎を提供することを理解しました。さらに重要なことに、彼は、胚の発達の力が出生時に機能を停止するのではなく、成長と発達の力、そして治癒過程に関与する力として私たちの生涯を通じて維持されていることを観察しました。この洞察は、スティル博士による、患者の中に健康を見つけるということである私たちの第一の義務を果たすための首尾一貫したロードマップをオステオパスに提供します。

このバイオダイナミックモデルは、施術者に生きている人間の生理機能のより深い理解を提供するだけでなく、より幅広い治療オプションも提供します。バイオダイナミクスのカリキュラムは、治療プロセスとして一次呼吸の限界を探求するように設計されています。生きているメカニズムとその意図との完全な協力以外に、技術は教えられていません。触診ではなく感覚を学ぶことや、知覚の境界の認識を洗練することなど、施術者の知覚スキルを高めることにも多くの注意が向けられています。は、原則として、そして実際に、私たちとすべての生命を創造主と直接つなぐブレスオブライフであることを、可能な限り完全に理解することがバイオダイナミックトレーニングの目標とされています。