検索

睡眠障害2

光刺激460nm付近の光の波長(青色光)

      ↓

メラノプシン発現神経節細胞(網膜)

      ↓

    視交叉上核ー(GABA?抑制ニューロンが介在)

      ↓

   視床下部室傍核

      ↓ (グルタメート)

上部胸髄の中間質外側核

      ↓ (アセチルコリン)

  上頚部交感神経節

      ↓ (ノルアドレナリン)

     松果体           <ノルアドレナリンの放出を抑制と

β受容体活性抑制として松果体に達する         書いてある文献も>

結果的に、メラトニン産生抑制

※瞳孔反射も青色光で一番強く起こります。

β受容体が活性されるとcAMPがN‐アセチル転移酵素を活性化させ、セロトニンを

メラトニンに変える。松果体ではセロトニンも作っているらしい。

なんだか途中があいまいで分かりにくいけど、夜間に視交叉上核の活性が低下し、

その結果、松果体β受容体が刺激されるとメラトニンが生合成されるらしい。

となると私にできるのは交感神経が正常に働くようにすることかな。


40回の閲覧

最新記事

すべて表示

Still Point 静止の点

廻る世界の静止の点に。 肉体があるでもなく、ないでもなく、 出発点も方向もなく、その静止の点――そこにこそ舞踏がある、 だが、抑止も運動もない。それは固定とは言えない、そこで 過去と未来が一つに収斂するのだ。出発点もない方向もない運動、 上昇でも下降でもない。その一点が、その静止の点がもしなければ 舞踏など存在しないだろう。だが、現実には舞踏こそ唯一の存在。 そこにわたしたちはいたとは言える

自然現象と心の構造

この本には、ユングとパウリ、二人の文章が1本づつ入っています。 ユングの「Synchronicity共時性」が読みたくて探しているとこんなとこに入ってました。 ちなみに、このSynchronicityはバイオダイナミクスの推薦書です。しかも。訳者はあの有名な河合隼雄です。 しかしこの本は簡単な本ではありませんので、わかりやすく説明しているwebページを見つけましたので、まずはこちらから読んでみても

  • ブラックFacebookのアイコン
  • Black Twitter Icon