検索

睡眠障害2

光刺激460nm付近の光の波長(青色光)

      ↓

メラノプシン発現神経節細胞(網膜)

      ↓

    視交叉上核ー(GABA?抑制ニューロンが介在)

      ↓

   視床下部室傍核

      ↓ (グルタメート)

上部胸髄の中間質外側核

      ↓ (アセチルコリン)

  上頚部交感神経節

      ↓ (ノルアドレナリン)

     松果体           <ノルアドレナリンの放出を抑制と

β受容体活性抑制として松果体に達する         書いてある文献も>

結果的に、メラトニン産生抑制

※瞳孔反射も青色光で一番強く起こります。

β受容体が活性されるとcAMPがN‐アセチル転移酵素を活性化させ、セロトニンを

メラトニンに変える。松果体ではセロトニンも作っているらしい。

なんだか途中があいまいで分かりにくいけど、夜間に視交叉上核の活性が低下し、

その結果、松果体β受容体が刺激されるとメラトニンが生合成されるらしい。

となると私にできるのは交感神経が正常に働くようにすることかな。


42回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

パーキンソン病ーBraak仮説

パーキンソン病とは、αシヌクレインというタンパク質の蓄積により黒質線条体系に異常が起こり、伝達物質であるドーパミンが不足してしまう病気です。 症状としては振戦、無動、固縮、姿勢反射障害などの運動症状、便秘、起立性低血圧などの自律神経症状、レム期睡眠行動異常、うつ、アパシーなどの精神症状、睡眠障害、幻視、錯視、遂行機能障害などの認知症状といった多彩な症状があります。 異常なαシヌクレインはどこで作ら