検索

骨粗しょう症

骨のリモデリングは、骨吸収から始まる。当たり前と言えば当たり前、スペースがないと作れないからね。

骨芽細胞が突起を出して、それが破骨細胞の前駆細胞の受容体と結合して、破骨細胞に分化する。

破骨細胞の前駆細胞とはマクロファージ系の細胞なんです。免疫系の細胞なんですね。

それから、壊したら作る、壊したら作る、壊した分だけ作る、これをカップリングという。

ビスフォスフォネート製剤(骨粗鬆症の治療薬)は、破骨細胞を殺しちゃう、これで一応、骨細胞は減らないということらしい、でもカップリングが働かないので、作る方も止まっちゃう。骨の代謝が止まってしまう。これでいいのかな~。

免疫の方から治療できるかな~

女性ホルモンも関係あるやろしな~


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示