検索

鎮痛薬


今や薬局で簡単に買える鎮痛薬(いわゆるNSAIDs)について考えてみました。

どの薬も大体、やりたいことは同じで、プロスタグランジンの産生抑制。

アラキドン酸からプロスタグランジンに変わるのにシクロオキシゲナーゼ(COX)1と2のどちらかが必要なんですけど、鎮痛薬はCOX1を阻害します(COX2を阻害するものもあります)。

標準生理学(医学書院)によると、プロスタグランジンの効果は多種多様にわたっています。とあります。

例えば、女性の生理周期、分娩、心血管系、炎症反応、発痛、において重要な役割を果たしている。また発癌やアポトーシス、血管新生に関与している。

だから、炎症反応や発痛を抑えられるんでしょうが、他にもいろいろ仕事しているのに抑え込んじゃっていいのでしょうか?

体の調和が乱れてしまうのでは?

ニュースの解説で、サウジアラビアとイランが今、仲が悪いんだけど、イラクがが元気だったころは、うまく行っていた。

アメリカがイラクを叩いちゃったので、和が崩れてしまって、うまく行かなくなった。

昔は悪いながらも調和を取っていた。世界平和のためにアメリカは介入したっていうんでしょうけど。

その話を聞いてたら、鎮痛剤の話を思い出してしまいました。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ここまで来た「あの世」の科学ー天外伺朗 前回紹介した「般若心経の科学」とかなりの部分でオーバーラップしている。 ボームの内蔵秩序やユングの集合的無意識の話が出てくるが、それらの原典を読むよりは、かなりかみ砕いて説明しているので、わかりやすくていいと思う。 「この世」のすべての生物、物質、精神、想念などが、たたみ込まれた、目に見えないもうひとつの宇宙の秩序 時間も空間も存在しない世界 全人類を結ぶ「

般若心経の科学ー天外伺朗 この本は、276文字の般若心経の解説書である。 理論物理学者、デビット・ボームの「ホログラフィー宇宙モデル」 心理学者、ユングの「集合的無意識」 「般若心経」 ホログラフィー宇宙モデルでは、目に見える物質的な宇宙を「明在系(explicate order)」、もう一つの目に見えない宇宙を「暗在系(implicate order)」と呼び、暗在系には明在系の全ての物質、精神

「癒す心治る力」、「ナチュラル・メディスン」とアンドリュー・ワイルの本は読んでいるが、なぜかこの本は持っていなかった。もしかしたら、読んだのかもしない(少なくとも本棚には並んでいない)。今回この本をいただいたので読んでみた。 アロパシー医学(現代医学)と代替医学について書かれていてオステオパシーもちょっとだけ出てくる。 「第4章―健康とは全体である」は興味深い。健康(haelth)の語源的意味は「