検索

鎮痛薬


今や薬局で簡単に買える鎮痛薬(いわゆるNSAIDs)について考えてみました。

どの薬も大体、やりたいことは同じで、プロスタグランジンの産生抑制。

アラキドン酸からプロスタグランジンに変わるのにシクロオキシゲナーゼ(COX)1と2のどちらかが必要なんですけど、鎮痛薬はCOX1を阻害します(COX2を阻害するものもあります)。

標準生理学(医学書院)によると、プロスタグランジンの効果は多種多様にわたっています。とあります。

例えば、女性の生理周期、分娩、心血管系、炎症反応、発痛、において重要な役割を果たしている。また発癌やアポトーシス、血管新生に関与している。

だから、炎症反応や発痛を抑えられるんでしょうが、他にもいろいろ仕事しているのに抑え込んじゃっていいのでしょうか?

体の調和が乱れてしまうのでは?

ニュースの解説で、サウジアラビアとイランが今、仲が悪いんだけど、イラクがが元気だったころは、うまく行っていた。

アメリカがイラクを叩いちゃったので、和が崩れてしまって、うまく行かなくなった。

昔は悪いながらも調和を取っていた。世界平和のためにアメリカは介入したっていうんでしょうけど。

その話を聞いてたら、鎮痛剤の話を思い出してしまいました。

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

Still Point 静止の点

廻る世界の静止の点に。 肉体があるでもなく、ないでもなく、 出発点も方向もなく、その静止の点――そこにこそ舞踏がある、 だが、抑止も運動もない。それは固定とは言えない、そこで 過去と未来が一つに収斂するのだ。出発点もない方向もない運動、 上昇でも下降でもない。その一点が、その静止の点がもしなければ 舞踏など存在しないだろう。だが、現実には舞踏こそ唯一の存在。 そこにわたしたちはいたとは言える

自然現象と心の構造

この本には、ユングとパウリ、二人の文章が1本づつ入っています。 ユングの「Synchronicity共時性」が読みたくて探しているとこんなとこに入ってました。 ちなみに、このSynchronicityはバイオダイナミクスの推薦書です。しかも。訳者はあの有名な河合隼雄です。 しかしこの本は簡単な本ではありませんので、わかりやすく説明しているwebページを見つけましたので、まずはこちらから読んでみても

  • ブラックFacebookのアイコン
  • Black Twitter Icon