検索

Engaging the Movement of Life


ボニー・ギンティスの「Engaging the Movement of Life」の紹介です。

副題にあるようにオステオパシーとコンティニアムを通して健全と身体化の探求について書かれています。

コンティニアムについては、私は勉強したことがないので、よくわかりません。そして、この本を読んでもよくわかっていませんが、オステオパシーについては、かなりわかりやすく書かれています。

オステオパシーと言っても、スティルからサザーランド、そしてジェームス・ジェラスにつながるオステオパシーです。ジェームス・ジェラス、ブレヒシュミット、ルドルフ・シュタイナーが用いた「バイオダイナミック」について書かれています。患者さんの診方よりも前に自分への注意の向け方、注意の重要性を大事にしていて、バイオダイナミクス初学者の方にも、何年も取り組まれている方にも読んでいただきたい良書です。ちなみに、ジェームス・ジェラスの推薦書です。


13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

パーキンソン病ーBraak仮説

パーキンソン病とは、αシヌクレインというタンパク質の蓄積により黒質線条体系に異常が起こり、伝達物質であるドーパミンが不足してしまう病気です。 症状としては振戦、無動、固縮、姿勢反射障害などの運動症状、便秘、起立性低血圧などの自律神経症状、レム期睡眠行動異常、うつ、アパシーなどの精神症状、睡眠障害、幻視、錯視、遂行機能障害などの認知症状といった多彩な症状があります。 異常なαシヌクレインはどこで作ら