検索

Engaging the Movement of Life


ボニー・ギンティスの「Engaging the Movement of Life」の紹介です。

副題にあるようにオステオパシーとコンティニアムを通して健全と身体化の探求について書かれています。

コンティニアムについては、私は勉強したことがないので、よくわかりません。そして、この本を読んでもよくわかっていませんが、オステオパシーについては、かなりわかりやすく書かれています。

オステオパシーと言っても、スティルからサザーランド、そしてジェームス・ジェラスにつながるオステオパシーです。ジェームス・ジェラス、ブレヒシュミット、ルドルフ・シュタイナーが用いた「バイオダイナミック」について書かれています。患者さんの診方よりも前に自分への注意の向け方、注意の重要性を大事にしていて、バイオダイナミクス初学者の方にも、何年も取り組まれている方にも読んでいただきたい良書です。ちなみに、ジェームス・ジェラスの推薦書です。


閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ここまで来た「あの世」の科学ー天外伺朗 前回紹介した「般若心経の科学」とかなりの部分でオーバーラップしている。 ボームの内蔵秩序やユングの集合的無意識の話が出てくるが、それらの原典を読むよりは、かなりかみ砕いて説明しているので、わかりやすくていいと思う。 「この世」のすべての生物、物質、精神、想念などが、たたみ込まれた、目に見えないもうひとつの宇宙の秩序 時間も空間も存在しない世界 全人類を結ぶ「

般若心経の科学ー天外伺朗 この本は、276文字の般若心経の解説書である。 理論物理学者、デビット・ボームの「ホログラフィー宇宙モデル」 心理学者、ユングの「集合的無意識」 「般若心経」 ホログラフィー宇宙モデルでは、目に見える物質的な宇宙を「明在系(explicate order)」、もう一つの目に見えない宇宙を「暗在系(implicate order)」と呼び、暗在系には明在系の全ての物質、精神

「癒す心治る力」、「ナチュラル・メディスン」とアンドリュー・ワイルの本は読んでいるが、なぜかこの本は持っていなかった。もしかしたら、読んだのかもしない(少なくとも本棚には並んでいない)。今回この本をいただいたので読んでみた。 アロパシー医学(現代医学)と代替医学について書かれていてオステオパシーもちょっとだけ出てくる。 「第4章―健康とは全体である」は興味深い。健康(haelth)の語源的意味は「