検索

バセドウ病

甲状腺機能亢進症の80%がこのバセドウ病というぐらい多い疾患です。

甲状腺はホルモンを分泌しています。T4とT3です。この状態はタンパク質が結合した状態で活性がありません。タンパク質が外れた活性型の状態(細胞に作用する)はFT4とFT3で,

FT4はヨードが一つ取られてFT3になって細胞に働きかけます。

FT3は何をするか?

全ての細胞の働くスピード(代謝速度)を早めます。

甲状腺機能亢進症は甲状腺ホルモンが過剰になるわけですから。症状は多岐にわたります。

症状は体重減少、心拍出量と心拍数の増加、暑がりと下痢、情緒不安定、振戦、甲状腺腫、それと半数ぐらいの人に出る眼球突出。

バセドウ病ではなぜ甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるか?

バセドウ病ではなぜか、TSH受容体に免疫細胞がその受容体にくっつく抗体を作るので、甲状腺ホルモンが過剰に放出されます。

TSH受容体とは下垂体前葉から出るTSH(甲状腺刺激ホルモン)の受容体です。またTSHは下垂体からのTRH(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン)により放出されます。

TRH→TSH→T3、T4→TRH→TSH・・・・・

このようなフィードバックループを作っています。

バセドウ病ではT3、T4高値、TSH低値という状態になります。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ここまで来た「あの世」の科学ー天外伺朗 前回紹介した「般若心経の科学」とかなりの部分でオーバーラップしている。 ボームの内蔵秩序やユングの集合的無意識の話が出てくるが、それらの原典を読むよりは、かなりかみ砕いて説明しているので、わかりやすくていいと思う。 「この世」のすべての生物、物質、精神、想念などが、たたみ込まれた、目に見えないもうひとつの宇宙の秩序 時間も空間も存在しない世界 全人類を結ぶ「

般若心経の科学ー天外伺朗 この本は、276文字の般若心経の解説書である。 理論物理学者、デビット・ボームの「ホログラフィー宇宙モデル」 心理学者、ユングの「集合的無意識」 「般若心経」 ホログラフィー宇宙モデルでは、目に見える物質的な宇宙を「明在系(explicate order)」、もう一つの目に見えない宇宙を「暗在系(implicate order)」と呼び、暗在系には明在系の全ての物質、精神

「癒す心治る力」、「ナチュラル・メディスン」とアンドリュー・ワイルの本は読んでいるが、なぜかこの本は持っていなかった。もしかしたら、読んだのかもしない(少なくとも本棚には並んでいない)。今回この本をいただいたので読んでみた。 アロパシー医学(現代医学)と代替医学について書かれていてオステオパシーもちょっとだけ出てくる。 「第4章―健康とは全体である」は興味深い。健康(haelth)の語源的意味は「